• Home  >  
  • Spedia   >  
  • PARABOOT WILLIAM (パラブーツ ウィリアム)

パラブーツ ウィリアム(PARABOOT WILLIAM) [編集]

パラブーツウィリアム パラブーツ ウィリアム
(PARABOOT WILLIAM)

パラブーツ ウィリアム(PARABOOT WILLIAM)は、 リシャール・ポンヴェール社(フランス)が運営するブランド「Paraboot®(パラブーツ)」が製造・販売する靴。

日本唯一の直営店であるパラブーツ 青山店は、株式会社アール・ピー・ジェイ【RPJ(リシャール・ポンヴェール・ジャパン)】が運営。


目次

  1. 素材・製法・価格等
  2. パラブーツ ウィリアムにまつわる逸話
  3. 脚注
  4. 関連項目
  5. 外部リンク

素材・製法・価格等[編集]

Ads by Google

【素材・型式】

  • アッパー: 牛革(スコッチグレインレザー 他)
  • インソール:ナチュラルレザー ハーフソックシート
  • ソール:ゴム底(マルシェⅡソール)
  • ダブルモンクストラップ

【原産国】

フランス(仏国)

【製法】

ノルヴェイジャン(ノルウェージャン)・ウェルト製法

【カラー】

  • ダークブラウン
  • ネイビー
  • ゴールド

【定価】

63,000円(税抜)[]

パラブーツ ウィリアムにまつわる逸話[編集]

英国にルーツを持つフランスの某最高級靴ブランドのカジュアルラインをスタートした際にParabootがコレクションの全容を手がけ、WILLIAM(ウィリアム)が採用された。

そのブランドではカジュアルラインの販売終了とともにWILLIAM(ウィリアム)も生産中止となった。しかしその後、WILLIAM(ウィリアム)は日本の顧客からの強い要望で2001年にParaboot青山店の開店記念アイテム、ParabootのWilliam(ウィリアム)として復活を遂げた。

上記の某最高級靴ブランドはJOHN LOBB(ジョンロブ)。[2]

2001年にパラブーツのウィリアムとして販売開始後、入荷されるとすぐさま売り切れる人気ぶりであった。当時のWILLIAM(ウィリアム)は特別なグレインレザーで作られていたため、時代とともに革の入手が困難になり「品質維持ができなくなった」ことを理由に販売開始から2年後の2003年に、再び生産終了となった。

2010年に復活。[]

スーツスタイルにパラブーツ シャンボードと共にウィリアムを雨用の靴として選ぶ者も少なくない。

同じダブルモンクストラップ、ノーヴェイジャン製法のVIGNY(ヴィグニー)というモデルがある。
見た目はウィリアムに似ているが、VIGNY(ヴィグニー)はデュプイ社の型押し牛革、ドレス・ビジネスライン用に開発されたACTIV ソールが採用されている。「Paraboot」のグリーンのタグも付いていない。木型も異なりスマートなフォルムでややロングノーズに作られているドレス・ビジネスコレクションのラインのモデルである。

脚注[編集]

  1. ^ BOQ|RECOMMEND
  2. ^ VELISTA|ONLINE SHOP
  3. ^ Paraboot Japan 価格改定のお知らせ|2013年12月まで(旧価格)は60,000円

関連項目[編集]


外部リンク[編集]

Ads by Google


この「パラブーツ ウィリアム」はファッションに関連した書きかけ項目です。この項目を加筆、訂正などして下さる協力者を求めています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

pagetop

Cmark