• Home  >  
  • Spedia   >  
  • PARABOOT MICHAEL PHOQUE

パラブーツ ミカエルフォック(PARABOOT MICHAEL PHOQUE) [編集]

パラブーツミカエルフォック パラブーツ ミカエルフォック
(PARABOOT MICHAEL PHOQUE)

パラブーツ ミカエルフォック(PARABOOT MICHAEL PHOQUE)は、 リシャール・ポンヴェール社(フランス)が運営するブランド「Paraboot®(パラブーツ)」が製造・販売する靴。

日本唯一の直営店であるパラブーツ 青山店は、株式会社アール・ピー・ジェイ【RPJ(リシャール・ポンヴェール・ジャパン)】が運営。


目次

  1. 素材・製法・価格等
  2. ミカエルフォックにまつわる逸話

    エルメスとの関係

    生産終了

    生産終了の理由

  3. 脚注
  4. 関連項目
  5. 外部リンク

Paraboot®(パラブーツ)

登山靴のエッセンスと天然ラバーソールの融合から誕生した街履き靴の名門です。 パラブーツを展開するリシャール ポンヴェール社のルーツは1908年、アルピニストたちが集まるフランス東部の町イゾーでレミー・リシャール・ポンヴェールが開いた小さな靴工房でした。当時から山岳労働者向けの靴を積極的に製作。後年、登山靴のリーディングメーカーへと成長しました。1927年、ブラジルのパラ港から出荷される良質な天然ラテックスを輸入し、ラバーソールの自社生産を開始し、それと同時にそのソールを使い、登山靴のエッセンスも取り入れたタウンシューズのブランドをスタート。それがパラ港にちなみ命名された「パラブーツ」だったのです。 []

素材・製法・価格等[編集]

パラブーツミカエルフォック2 パラブーツ ミカエルフォック
(PARABOOT MICHAEL PHOQUE)

ブランドの創設者レミー・リシャール・ポンヴェールの息子で現社長の名前が品名になった人気モデル「ミカエル(MICHAEL)」の甲部分にアザラシの毛をあしらったスタイリッシュなモデル。

オールソール交換が可能で長く使用することができる。

厚手の靴下を履いても難なく着脱できるように、靴紐を緩めると履き口が大きく開く設計になっている。

【素材・型式】

  • アッパー: 牛革
  • 甲革:アザラシ
  • インソール:ナチュラルレザー ハーフソックシート
  • ソール:ゴム底(マルシェⅡソール)
  • 2アイレット

パラブーツミカエルフォック3 パラブーツミカエルフォック4 パラブーツミカエルフォック5 パラブーツミカエルフォック6 パラブーツミカエルフォック7

Ads by Google

【ワイズ】

F

【原産国】

フランス(仏国)

【製法】

ノルヴェイジャン(ノルウェージャン)・ウェルト製法

【カラー】

  • ブラック
  • マロン
  • ネイビー

【定価】

60,900円

パラブーツ ミカエルフォックにまつわる逸話[編集]

【エルメスとの関係】

1980年フランスの某高級ブランドから「エスキモーが普段使用しているアザラシのブーツを都会的かつ洗練されたデザインのシューズに」というリクエストから誕生。

上記の某高級ブランドはHERMES(エルメス)。[要出典]

Paraboot初のチロリアンタイプ「MORZINE(モジーン)」のアッパーにアザラシの毛を配したモデルだと言われている。[]

エルメスパラブーツミカエルフォック

ヤフオクに出品されていたエルメス × パラブーツの靴

エルメスパラブーツミカエルフォック2

[写真:BOQ] Paraboot MORZINE

リアルファーには毛の色や質に個体差がある。[]

【生産終了】

2013年7月現在、どの店も在庫切れであり生産終了との噂がある。[要出典]

【生産終了の理由】

EU(欧州連合)が2009年にイヌイットの製品を除く、すべてのアザラシ製品の輸入を禁止したことが関係。


脚注[編集]

  1. ^ Paraboot Japan
  2. ^ doo-bopカメラマン 川崎純一
  3. ^ Sの日記|エルメス×パラブーツ ミカエル

関連項目[編集]


外部リンク[編集]

Ads by Google


この「パラブーツ ミカエルフォック」はファッションに関連した書きかけ項目です。この項目を加筆、訂正などして下さる協力者を求めています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

pagetop

Cmark