• Home  >  
  • Spedia   >  
  • Levi's® 66 SINGLE MODEL (リーバイス501 66前期)

Levi's® 501 66 SINGLE MODEL(リーバイス 501 66前期)[編集]

66前期モデル Levi's® 66前期モデル

Levi's® 501 66前期モデルとは1971年頃から1975年頃までの間にLevi's®が製造・販売したジーンズ。

「501 66前期モデル」というのはLevi's®による正式名称では無く、 新品時にバックポケットについている 「フラッシャー」に 「1966」 というプリントが入っていた時代に生産された501の総称。


目次

  1. 66前期モデルの特徴

    66モデルの特徴

    トップボタン裏の刻印

    66前期と66後期の違い

    バックポケットのタグ

    セルビッジ

  2. 中古市場での66前期モデル
  3. レプリカ市場での66前期モデル
  4. 脚注
  5. 関連項目
  6. 外部リンク

66前期モデルの特徴[編集]

66前期モデル Levi's® 66前期モデル

【66モデルの特徴】

リーバイス66モデルには、「Big-E」, 「Small-e前期」と「Small-e後期」が存在する。

上記3種の「66モデル」に共通するディテールとしては、パッチのロット番号上部に小さく"CARE INSTRUCTIONS INSIDE GARMENT"の表記がある。 ジーンズの内側に記載されている取り扱い説明タグに収縮率が8%と記載されている。 初期の66モデルはポケットの裏側、スレーキ部分にこれが印刷されており、後に表記タグでの表示に変わった。


リーバイス66前期1 リーバイス66前期2 リーバイス66前期3 リーバイス66前期4 リーバイス66前期5

【トップボタン裏の刻印】

トップボタン裏の刻印が「6」「16」であっても「ビッグE」、「赤耳」にも存在する刻印なのでこの部分のみで「66モデル」だという判別はできない。 [1]

刻印番号は生産された工場の番号。

刻印「16」のものは刻印「6」のものより色落ちが良いとされるものが多い。[2]

【66前期と66後期の違い】

ディテールの特徴はほぼ同じであるが、主な違いはバックポケット裏が「66前期モデル」はシングルステッチなのに対して、 66後期モデルはチェーンステッチである。また、使用される生地が「66後期モデル」の初期頃に変更になっており、 色落ちの仕方、傾向は両者で大きく異なる。66前期は色落ちに定評があり、明確な縦落ちする傾向がある。 この為、66前期までをヴィンテージのジーンズとするとの見方のマニアが多い。

【バックポケットのタグ】

バックポケットにつくLevi's®タグの「e」文字が小文字のスモールe

【セルビッジ】

セルビッジの幅は比較的太め。

中古市場での66前期モデル[編集]

特有の縦落ちをするヴィンテージジーンズの中で新しい年代に属する為、比較的状態がよく、低価格なものが多いことから安価にヴィンテージジーンズを手に入れたいと願う者からの需要が高い。

レプリカ市場での66前期モデル[編集]

レプリカジーンズ市場で66モデルと称したものは細身のシルエットのものがほとんどだが、オリジナルの501の66モデルは若干裾にかけてテーパードしてはいるものの、細身というほどのものではない。

脚注[編集]

  1. ^ 旅人の展示場|ボタン裏の刻印
  2. ^ Berberjin スタッフブログ|「16」刻印ボタンは色落ちが良い物が多い

関連項目[編集]


外部リンク[編集]

Ads by Google


この「リーバイス 501 66前期モデル」はファッションに関連した書きかけ項目です。 この項目を加筆、訂正などして下さる協力者を求めています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

pagetop

Cmark