• Home  >  
  • Spedia   >  
  • Clarks Desert Boots (クラークス デザートブーツ)

クラークス デザートブーツ(Clarks Desert Boots)[編集]

クラークス デザートブーツ クラークス デザートブーツ
(Clarks Desert Boots)

クラークス デザートブーツとは、英国クラークス社 ( C & J Clark Overseas Limited )が製造・販売する靴。日本ではクラークスジャパン株式会社が販売。


目次

  1. 素材・製法・価格等

    累計販売数

    名称について

    ステッチダウン製法とソール交換

    製造国による違い

    素材・色

    原産国

    製法

    定価

  2. デザートブーツの歴史
  3. 脚注
  4. 関連項目
  5. 外部リンク

クラークス社

1825年イングランド南西部の小さな町ストリート。この町に住むサイラスとジェームスというクラーク兄弟が始めた小さな靴工場から歴史がスタート。当時としては奇抜な、毛付のシープスキンを使ったスリッパを発案。これが驚くほど履きやすく大評判となり、クラーク兄弟は、本格的に製造を開始した。[1]

素材·製法·価格等 [編集]

Ads by Google

【累計販売数】

20世紀カジュアルシューズ史における最高傑作との声も高く、1950年の販売開始以来の累計販売数は1200万足を突破(2013年時点)。

【名称】

各社からデザートブーツと称する同じようなデザインの靴が販売されているが、「Desert」の商標権を所有するクラークス社のデザートブーツがオリジナルである。

【ステッチダウン製法とソール交換】

デザートブーツの特徴でもあるステッチダウン製法は、ソールを張り替えることが可能であるが、3回程度が限界とされている。[] 修理店によっては断られることもある。[]

【製造国による製品の違い】

イングランド製は東南アジア製(現行)と比べ、シルエットが細く、甲の部分が低い。革質は柔らかく伸びやすい。 []

【素材·色】

  • ブラウンスエード
  • ブラックスエード
  • ネイビースエード
  • サンドスエード
  • タンインタレストレザー
  • タバコスエード
  • バーガンディレザー
  • ネイビーマルチスエード
  • レッドインタレストレザー

【原産国】

  • ベトナム
  • 中国

【製法】

ステッチダウン製法

【定価】

24,150円(税込)

デザートブーツの歴史 [編集]

【1950年】
デザートブーツ 発表
創設者の4代目にあたるネーサン・クラークが、第二次世界大戦中に、友人の英国軍人が見せてくれたブーツにインスピレーションをうけて開発。
当初は、こんな風変わりなものが売れるはずがない、ときわめて評価が低かったこの靴はアメリカでヒットし、イギリスに逆輸入するというかたちで受け入られ、またたく間に世界のカジュアルューズの原点となった。
※英語表記「Desert」は、英国クラークス社が商標権を所持[]


【1964年】
日本で発売開始


【1992年】
アイルランド製の輸入中止[]


クラークス デザートブーツ 60周年特別限定モデル デザートブーツ誕生60周年特別限定モデル

【1995年】
世界販売累計1000万足突破


【2000年】
デザートブーツ誕生50周年を記念して、「デザートブーツ50周年記念限定モデル」を世界1万足限定販売


【2003年】
全ての生産をベトナム等の東南アジアの工場に移管


【2009年】
デザートブーツ誕生60周年を記念して、「デザートブーツ誕生60周年特別限定モデル」を発売[]


脚注 [編集]

  1. ^ amazon
  2. ^ クラークスジャパン株式会社
  3. ^ 浮世逍遥録|クラークス,デザートブーツ 2回目のソール張替え
  4. ^ クツゴト|ステッチダウン製法とは?
  5. ^ OPENERS | DESERT BOOT 60th Anniversary Collection
  6. ^ Yahoo!知恵袋 | 靴のクラークスの、正規品はmade in どこ!? でしょうか?
  7. ^ @nifty ショッピングナビ | クラークス デザートブーツ イングランド製

関連項目 [編集]




外部リンク [編集]

Ads by Google


この「クラークス デザートブーツ」はファッションに関連した書きかけ項目です。 この項目を加筆、訂正などして下さる協力者を求めています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

pagetop

Cmark